my originality
なごやかに リラックスした時間を

ご一緒にお茶でもしませんか♪

どうかしばらくの間おつきあいくださいね
楽しんでいただけるページを少しずつでも
つくっていきたいと思っていますので
ご意見などおまちしています
Weblog - hiromildさんのエントリ
 hiromildさんのエントリ配信

2012/08/03
遺したものたちから

執筆者: hiromild (1:11 pm)
これをよむと十和田湖畔に2体の女性が向き合っている

光太郎の彫刻を思い出します。

夫のように、私には文章を書く力はないから、

遺した資料の中から、詩を3つのせておきます。

読めば読むほど、最期の仕事を遣り遂げられず無念だっただろうと

辛くなるので、このあたりにして、よき人にお送りします。



裸形


智恵子の裸形をわたくしは恋ふ

つつましくて満ちてゐて

星宿のやうに森厳で

山脈のやうに波うつて

いつでもうすいミストがかかり、

その造形の瑪瑙質に

奥の知れないつやがあつた。

智恵子の裸形の背中の小さな黒子まで

わたくしは意味ふかくおぼえてゐて、

今も記憶の歳月にみがかれた

その全存在が明滅する。

わたくしの手でもう一度、

あの造形を生むことは

自然の定めた約束であり、

そのためにわたくしに肉類が与へられ、

そのためにわたくしに畑の野菜が与へられ、

米と小麦と牛酪とがゆるされる。

智恵子の裸形をこの世にのこして

わたくしはやがて天然の素中に帰らう。

(昭和24年10月30日)
hiromildさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (1) | 閲覧数 (49119)
このエントリのトラックバックURL
http://www.hiro-mild.com/modules/weblog0/weblog-tb.php/48
このエントリが受けたトラックバック
Great Hall special for the now put the number of advertising and str <a href="http://gafas-oakley-baratas.tum......more
2014-05-20/12:48:39
印刷用ページ 友達に送る
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Weblog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録